おはようございます、ハーモニックです。

FX Nさんのブログ(http://fxn-fx.com/)でサイクル理論が紹介されています。

もしかしたら売りのハーモニックパターンとの組み合わせでさらに精度を上げられるかもと思いました。

サイクル理論の詳しくはそのブログを見て頂きたいのですが、僕の理解が正しければ4時間足の場合、
安値からローソク足60本から80本で1つのサイクルが構成さる」との理論です。
ひと山、60本から80本で完成と言うことですね。
もちろんこれも絶対ではなく、80%ぐらいの確率との事。

ダウントレンドになる場合、30本以内で頂点を迎え、アップトレンドが続く場合、40本以上で頂点を迎えるとの事です。

少し曖昧な部分もありますが、「30本以内で頂点を迎える」場合を除いて、感覚的には40本を超えたあたりで「そろそろ反転する可能性が高まる」と言ったところでしょうか?

MAX80本で1つのサイクルを考えると40本から50本ぐらいで頂点になりやすいかも?(個人的な意見です。感覚的なもので根拠はありません)
これからの検証で変わって来るかも知れませんが、40本から50本の範囲を頂点になりやすい範囲内?」と仮定義します。

丁度中間の30本から40本を基準にして見てみたいと思います。

早速、ドル円の4時間足で検証してみましょう。
WS000371
※ PCの場合、画像クリックで拡大します。

左側の赤丸のローソクを1本目(基点)とした場合、頂点は39本目になっています。
白枠が30本から40本の範囲です。

40本に届かず微妙ですが、ハーモニックサインと「サイク理論」でそろそろ反転する目安になるかも?です。

続いてユーロ円の4時間足でも検証してみましょう。
WS000376
※ PCの場合、画像クリックで拡大します。

同じく左側の赤丸を1本目として数えると頂点は49本目になっています。
これはいい感じですね。

余談ですが、エリオット波動的には1派延長型(1派の中で3段上げ?)の1→3→5で下落していますがそれは後から見てわかるもの(僕の場合(汗))です。

最後にポンド円の4時間足です。
WS000377
※ PCの場合、画像クリックで拡大します。

同じく左側の赤丸を1本目として数えると頂点は47本目になっています。
こちらも「頂点になりやすい範囲内?」で頂点になっています。

いずれにせよ、ハーモニックもサイクル理論も絶対はありませんが「頂点を見極める目安」となりそうです。

これからも検証を続けて行きたいと思います。

今週も頑張りましょう(^^)

※(追記

ドル円の4時間足ではサイクル理論で言えば今は47本目です。

1つのサイクルが60本から80本であるならば60本まであと13本あるので、最低でもあと13本出るまでは上がらない計算になるのかな?と思います。

4時間足1本で4時間、1日で6本になるので最短でも上昇は3日後の水曜日以降になります。

サイクル理論の検証になりますが、このあたりも注目しながらチャートを見て行くと面白いかも?です(^^)

※(追記

何度もすみません(汗)
WS000378
サイクル理論で言えばライトトランスレーション?になるので、
「下の黄色線(基点)を割らずに再上昇するはず」となります。

このあたりも注目したいと思います(^^)